メイン 山小屋について ライブカメラ 登山道について 近況をお知らせ お役立ちページ


大倉尾根は、塔ノ岳へ至る登山道の中でもっともポピュラーな登山コースです。大倉バス停を降りてから、大倉尾根に取り付き、ひたすら登りが続きます。急なところがなくただただ長い登りが続きます。そのため口の悪いハイカーから「バカ尾根」という不名誉な呼び方をされています。

ルート(コースタイム)

1.大倉バス停(大倉登山口)

バス停周辺には、どんぐりハウスをはじめとする食堂が何軒か立ち並んでいます。どんぐりハウスの隣には県立秦野ビジターセンターがあります。入館料は無料ですので丹沢の自然や歴史に興味のある方はぜひお立ち寄り下さい。また清潔な公衆トイレ、水場もあります。水場は登山靴の汚れを落とせるようなつくりになっています。うれしいことに、泥を落とすためのタワシも備えてあります。

バス停の向かい側にある日本そば屋の左隣には、登山者専用の有料駐車場があります。1日700円、24時間営業です。

この辺りは勤勉な農家の皆さんが1年を通じて畑作にいそしんでいます。車道沿いには、その皆さんの自慢の野菜を売る無料野菜販売所がいくつも立ち並んでいます。大きな白菜が100円、大根も100円。新鮮な国産野菜が安く手に入ります。なお、休日にはどんぐりハウスとビジターセンターの間にある敷地で、即売所が開設されます。なので、下山したハイカーの中には、入山前より荷物が重くなっている方も目にします。 

 

2.大倉〜雑事場(登り約50分・下り約30分)

大倉登山口からしばらく車道を歩きます。国定公園の石碑が建つ辺りで道は、二俣に分かれます。登山道は、車道を離れ左手にあるコンクリート敷きの坂道を登ります。

(画像は↑登り視線                           ↓下り視線です)

 

大倉登山口からしばらく車道を歩きます。国定公園の石碑が建つ辺りで道は、二俣に分かれます。登山道は、車道を離れ左手にあるコンクリート敷きの坂道を登ります。

すこし歩くと、風情のある陶芸の工房があります。

さらに道なり進み、右手に放牧場で草を食む牛を見ながら、ひたすら植林帯の中を登ります。

 

 
 
 
 
 


登山道がつづら折になり始める頃、大倉高原山の家を経由する道と、直接、雑事場に進む道の分岐に出ます。ここでは直接、雑事場を目指します。


 
 
 

木立越しに大倉尾根の稜線が左手に近づき始めると、雑事場です。ここでめでたく大倉尾根上の人となります。ベンチがあるので、一休みするにはいいかも。塔ノ岳から下ってきた場合、雑事場で、大倉山の家経由の道との分岐点になります。
 

3.雑事場〜堀山の家(登り約60分・下り約40分)

雑事場から少しの間、平坦な大倉尾根の稜線上を進みます。

  

 

やがて、見晴茶屋が過ぎたとたん、大倉尾根らしい階段交じりの登りが始まります。そうです、大倉尾根の異名「バカ尾根」はかつてはバカにだらだら登りの続く尾根じゃないかという意味だったようですが、今ではバカに階段が多いじゃないかという意味に変質した観があります。

 

 

  

 

 

 

 

駒止茶屋から少し傾斜はゆるくなり、いつの間にか堀山を過ぎ、一旦、下り登り返し始めたところに堀山の家が建っています。小屋前にはベンチがあります。ここから二俣に通じる登山道があります。

 

 

 

 

 

 

 

4.堀山の家〜金冷し(登り約60分・下り約40分)

ひたすら階段の連続です。途中、戸沢に下る登山道を右手に見送り、道は緩やかになったと安心するのもつかの間、大倉尾根きっての階段が現れます。花立山荘に続く階段付近は、裸地化が進んだため見晴らしのよい場所です。それだけに天まで続くと思われる階段の出現に、意気消沈してしまうハイカーも少なくないようです。ある意味、大倉尾根きっての難所かもしれません。あせらず、一歩一歩階段を登って下さい。天気がよければ途中で振り返って見るのもよいでしょう。相模湾が見渡せます。天気がよくない場合は・・・。(冷や汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い長い階段の終点は花立山荘です。ベンチがあるので一息つくにはいいでしょう。天気がよければ、相模湾が一望でき、これまでの疲れは吹き飛ぶと思います。天気がよくない場合は・・・。(あぶら汗)

なお、お断りしておきますが、花立山荘と、尊仏山荘の管理人である花立昭雄とは、全く関係がありません。

 

 

花立山荘から、少し登ると山荘の名前の由来である「花立」の頂にたどりつきます。ここはかつて、庶民の信仰上の理由から花を供えた場所だそうです。それで花立という名前がつきました。しつこいようですが、尊仏山荘の花立昭雄は鹿児島出身です。

 

 

花立からわずかに下り、登り返せば金冷しに到着です。金冷しは登山道の分岐点です。左手に進めば鍋割山、右手に進めば塔ノ岳になります。

 

 

 

5.金冷し〜塔ノ岳(登り約20分・下り約10分)

ここからしばらくなだらかな道が続きます。やがて階段状の急登に入れば、塔ノ岳(標高1490m)頂上はもうすぐです。

この程度の山登りなぞ、ちっとも疲れやしないと見栄を張りたい方は、この辺りで、汗をぬぐうなり、呼吸を整えるなり、あるいは櫛で髪の毛をなでつけてから頂上にお越し下さい。