メイン 山小屋について ライブカメラ 登山道について 近況をお知らせ お役立ちページ


尊仏山荘や塔ノ岳を中心に丹沢界隈の四季折々の変化や登山道情報など、新鮮で耳寄りな情報をご紹介する“尊仏だより”です。以前の記録はこちらから→2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2005年〜2006年

  

2017年12月5日

4日夕刻から、花立からの上部で初雪となりました。ほんの少しだけ積もって翌日、ほんの少しの間だけ晴天にキラキラとした輝きを見せてくれました。そして、ぬかるみの素がまた増えていくのでした。 

(HP管理人 いし)

 

2017年11月8日

7日は快晴。渓谷の紅葉は、ユーシンから青崩あたりで見ごろでした。玄倉ダムは少なめですが少し貯水してくれていて、青が美しかったです。もうしばらくは工事で取水していないためダム下部の水量は多く、沢の良い音を聞きながら歩くことができます。
小屋は、自分と同世代の陽気な野郎三人衆、穏やかなご夫婦、驚くほど健脚なご婦人、旧友との親交を山で深めるという素敵な時間を過ごす姉御様お二人と、程よい賑わいで楽しい時間でした。ありがとうございます。
天候はイマイチなまま翌朝も回復せず。雨中の下山となりました。

(HP管理人 いし)

  

2017年11月8日

<錦繍の 登山道にて 寝転がる  行人>
3連休を利用して、丹沢を歩きました。土曜日の早朝から、絶えることなくハイカーが下りて来ますし、その3倍ものハイカーが息せき切って登ります。子供達の数が増えたのは、最近の嬉しい傾向。いつの間にか微笑みが湧き、こちらも元気をもらいます。

(山絵師 いくと)

 

2017年10月27日

本日は快晴。先日の台風により上部の葉が飛んでしまったとのことですが、風が弱かったであろう金冷やし付近と土平方面の紅葉が頑張っています。そして、大倉に下山すると富士見の湯への送迎バスが停まっていました。12時30分と15時40分の2本運行とのこと。これは助かりますね。新しいお風呂で汗を流せました。おすすめです。(2017年12月14日から送迎バスの時刻変更あり。・・・12月6日加筆)

(HP管理人 いし)

 

2017年10月23日

昨日は眠れない夜でした。今日は綺麗な夕焼けを魅せてもらっています。

(山の主 あきお)

 

 

2017年9月14日

昨日に続き綺麗な夕日を見せてくれました。 長崎県から泊まりに来て下さったご夫妻に見てもらえて良かったです。

(山の主 あきお)

   

2017年9月12日

今日は朝から雨風が強く宿泊の方もキャンセルになりました。 夕方は雨風も止み素晴らしい日の入りを魅せてくれました。

(山の主 あきお)

 

  

2017年9月1日

今朝は天気予報に反し久しぶりに富士山の全容を見せてくれました。 気温は17℃です。台風の影響か、風がやや強いですがとても歩きやすそうです。

(山の主 あきお)

 

2017年8月26日

朝晩は少しずつ秋めいた風が吹き初めましたが、日中はまだまだ暑くて歩くと大汗をかきます。

(山の主 あきお)

2017年7月31日

久しぶりに綺麗な日の出を見ました。梅雨明け宣言があってからお天気が安定せず快晴の日が無くただ暑いだけでした。

(山の主 あきお)

 

2017年7月13日

<漕ぎ出でよ 雲の海原 水無月の山  行人>
新しい職場からの初任給で、夫婦ふたりの登山靴を新調しました。足元軽くルンルンの山歩きです。登山の折、汗は滝の様に滴り落ちますが、左前方(北西)からの風が強く吹き、この日の登山を終始後押ししてくれました。         

(山絵師 いくと)

 

2017年6月30日

明日が富士山の山開きのせいでしょうか。やっと全容の姿を見せてくれました。 外気温18℃

(山の主 あきお)

 

2017年4月26日

山も段々と春を迎え、富士桜やバイケイソウの芽が出てきました。 塔の岳周辺は気温次第ですが、あと10日前後で色々な草木が目を覚ましそうです。

(山の主 あきお)

 

2017年4月11日

朝方から降り始めた雨が雪に変わり、春なのに冬景色になりました。気温は−1℃となり、春の身体になっていたので寒さがしみます。そして、雨に戻った後の土砂降りで、すっかり雪は消え去っていきました。

(山の主 あきお)

 

2017年4月2日

<花一輪 桜の便り 平和かな  行人>
登りの3月25日は曇りで視界も悪く、夜半からは大雪が舞いました。26日朝、尊仏山荘の周囲を見渡せば、一面白銀の世界です。アイゼンを装着し、雪に埋まりつつ難儀しながら下山の歩を進めます。帰宅して、一日の尊仏山荘ライブカメラ映像を見直してましたら、私達夫婦の下山開始の映像をばっちりカメラは捉えてました。

(山絵師 いくと)

 

2017年4月1日

31日の午後から雪が降り始め新しく約15cm積もりました。 先日の湿った雪と違いサラサラ雪です。今も降り続いていて気温は−5℃です。

(山の主 あきお)

 

2017年3月28日

まぶしい日差しで昨日の雪が更に重たくなるという、春らしい一日です。

さて、
大倉尾根では、踏面が雪になるのは堀山の家と天神分岐の中間にある通行量調査センサー付近からで、花立山荘下部の階段からはヒザ高の積雪となりますが、踏み跡はしっかりついています。
表尾根は完全に埋まっておりました。主脈およびユーシン方向は入山者が少ないようで踏み跡は乱れている状態です。 4月1日の降雪で状況が変わっていますので参考になりません(4月2日追記)

今後の気温推移や入山者の人数によって登山道の状況は、日ごと時間ごとに変わりますし、融雪がみるみる進む時期でもあるのですが、もうしばらくは冬の感覚で行程を考えた方がよさそうですね。

(HP管理人 いし)

 頂上直下、日の出山荘跡地のデッパリです。左部は階段が埋まった登山道です。

核心部は更に雪が多くなっています

 

2017年3月27日・・・その2

やっと雪も止み綺麗な日の入りを見せてくれました。積雪は多い所では腰まできますが頂上で平均約50cm位です。

(山の主 あきお)

 

2017年3月27日・・・その1

昨日から1日雪が降り続いて山荘回りは吹き溜まりで積雪が腰当たりまであります。風もあり登山道もあちこで吹き溜まりがありそうなので、時間の余裕を持って行動してください。

(山の主 あきお)

 

2017年3月26日

未明から降り始めた雪が約15cm積もり、まだ降り続いています。 3月になってから雪の降る日が多くなり山はなかなか春がやって来ません。

(山の主 あきお)

3月26日15時15分のライブカメラです。夜になっても降雪が続いています。(HP管理人 いし)

 

2017年3月15日

昨日の夜から小雪が降り、いったん消えた雪が約10cm積もり冬の景色に逆戻りしました。今も粉雪が舞っていていますが気温が−6.5℃と低く、さらさら雪です。

(山の主 あきお)

3月17日6時56分のライブカメラです。(HP管理人 いし)

 

2017年3月2日

昨晩から粉雪が降り始めて朝は約10cmとなりました。お天気は今の所曇りです。

(山の主 あきお)

3月2日15時30分のライブカメラです。春一番でなくなった積雪が復活しています。(HP管理人 いし)

 

2017年2月28日

今年の冬は雪の降る回数も量も少ないです。 今朝は綺麗な霧氷ができ青空に映えています。 気温ー8度。快晴です。

(山の主 あきお)

 

 

2017年1月21日

20日午後4時過ぎから雪が降り始め、2日朝までに2cmほど積雪が増しました。

(山の主 あきお)

1月24日10時30分のライブカメラです。冬晴れです。(HP管理人 いし)

 

2017年1月16日

今朝も寒く−11℃で快晴、やや風があり体感は気温より寒くなります。 

(山の主 あきお)

 

2017年1月15日

最近にしては大変寒く朝の気温は−14℃でした。天気予報よりは風も無く、雪も一時的でした。日中も寒いままで18時で気温は−9℃。展望は抜群でした。

(山の主 あきお)

 

  

2017年1月9日

8日から降り始めた雪は止み、今朝は霧で気温は−1℃です。 積雪は約40cmですが、頂上付近は風でとばされており、吹き溜まりは膝上まであります。

(山の主 あきお)

画像は1月10日の朝と夜のライブカメラです。(HP管理人 いし)

   

2017年1月5日

午後、待望の雪が降り始めました。 気温は−2℃で、 風は今の所は弱いです。

(山の主 あきお)

 

2017年1月5日

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 この年末年始は穏やかな日が続いて気温も高く過ごしやすいのですが、雪好きな私としては早く雪化粧の丹沢を味わいたいものです。

(山の主 あきお)

 

2016年の尊仏便りはこちら


メインへ