メイン 山小屋について ライブカメラ 登山道について 近況をお知らせ お役立ちページ


2009年12月25日

街はキャンドルに包まれた昨日ですが山は宿泊の予約が無く、一人だけのクリスマスイブに成るかなと思っていました。ただ、クリスマスに縁のない淋しがりやの男が暗くなってから現われることがよくあり・・・、今年もやはりクリスマスに縁の無い男が一人、泊りに来ました。話を聞いてみると強制的に会社から休みを取らされとのこと。
クリスマス本番今日も予約はありません。昨晩の再現の予感がします。淋しい男性はよくいるが淋しい女性は山にはいないようです…。

(山の主 あきお)

  

2009年12月12日

師走です。有り難いもので今年も数多くの方に尊仏山荘を利用していただきました。有難うございます。
全体的に暖冬傾向ですが、来週あたりから寒気がくるみたいで少し雪を期待しているところですが、今回も冷たい雨でした。雪になるかと期待していましたが残念です。

(山の主 あきお)

  

2009年11月9日

雪は消え、枯葉が目立つ初冬の山道になっています。紅葉は標高800mくらいに残るくらいです。
11月になると16時30分には日の入りとなります。大倉尾根線は麓に近づくほど山腹の東側で植林地という、暗くなるのが早い条件にぴったりのルートになりますので、早め行動と懐中電灯の携行をお願いします。

(HP管理人 いし)

  

2009年11月3日

昨晩の雨が朝方から雪になり寒い朝となりました。気温−3.5℃で快晴です。視界も良好で、泊まりの方の9人が、寒い中みんな外に出て、富士山を眺めています。

(山の主 あきお)

  

2009年10月28日

今年のダイヤモンド富士は天候に恵まれ18日、19日ともに大変綺麗でした。泊まりで見にこられた方々も感動し喜んでくれて良かったです。雨になると皆さんは縦走をあきらめて大倉尾根を下る方がほとんどになりますし、泊まりの予約もキャンセルになりますが、湯沢さんは、やはり毎日登ってこられます。誰もいない日はラジオが会話の相手です。
台風の影響で強い雨と風になりましたが、富士山がすっかり白くなりました。

(山の主 あきお)

  

2009年10月16日

だんだん寒くなり季節の移り変わりを肌で感じているところです。14日の晩は雷雨になり、綺麗な稲妻が相模湾沿いに走っていました。昨日から良い天気になり、木々も雨で洗い流されて眩しくうつります。今日の日の入りですが予定より大分ずれています。この分でいくと日曜日か月曜日がダイヤモンド富士になりそうです。17時の気温は8℃で泊まりは無し。小屋番オジサン2人で淋しく酒飲んで寝るだけです。

(山の主 あきお)

  

2009年10月3日

この時期は雨が続いていますが、止み間は綺麗です。雲海に大山、箱根連山、富士山、南アルプス、奥秩父、などがすっきりと浮かびます。宿泊客も少なく、0人だったり鉄チャン3人だったり・・・。誰もいないときはラジオと話しています。雨でも毎日登山の田口さんと湯沢さんは・・・お見えになります。
今日も明け方まで強い風が吹いていました。夜中は夜景も見えていましたが今は霧の中です。昨晩はあの雨の中、猛者2人泊まりに来てくれ楽しそうに酒を飲んでいました

(山の主 あきお)

  

2009年9月24日

晩はだいぶ涼しくなりましたが昼間は日が差すとまだ汗をかきます。サガミジョウロウホトトギスはもう少し見られそうです。

(山の主 あきお)

  

2009年9月13日

ちょっとした仕事で15年ぶりに雲取山へ行ってきました。三峰口から登り鴨沢におりましたが、山荘が立派になり快適な居住空間で感心しました。山荘主人の新井さんも元気で、後継ぎの息子と頑張っていました。お天気は曇り時々、雨・・・。私にはぴったり?の天気で、楽しかったです。

(山の主 あきお)

  

2009年9月2日

朝から霧雨で視界も無く鈍よりとした日です。気温は13℃度で肌寒く感じます。昨晩は泊まりが無く爆睡してしまいました。今年も丹沢の固有種であるサガミジョウロウホトトギスが咲き始めました。沢沿いに多く咲きますが、表尾根の行者岳周辺にも咲きますので見つけてください。今週から来週位まで見頃だと思います。

(山の主 あきお)

  

2009年9月1日

毎晩、富士山には数珠つなぎの明かりが見え、皆さん頑張って登っていたようですが、ここのところは涼しくなり、朝の気温も14℃くらいまで下がっています。横浜中の生徒さんが14人や若者6人の泊まりでちょっとにぎやかでした。
台風11号の通過では雨風が強くなりました。台風の目は見えませんでしたが、雨が上がった後綺麗な夕焼けと果てしない視界が広がりました。
表尾根の行者岳ではサガミジョウロホトトギスが咲きだしてきました。

(山の主 あきお)

  

2009年8月17日

鹿児島での法事から帰って来たら、綺麗な日の入りが見られて嬉しいかぎりです。今朝の気温は16度、快晴でした。

(山の主 あきお)

  

2009年8月12日

8日の“あつぎ鮎まつり花火大会”は、幸運にも霧がとれて綺麗に見えました。私の携帯カメラではうまく撮れず、皆さんに紹介できないのは残念です。

(山の主 あきお)

  

2009年8月5日

金冷やし付近に、ホタルブクロシモツケソウが可愛く咲いていました。久しぶりに快晴の朝を迎えることができ清々しく気持ちがよかったそのあとに、外人さんのアベックだけの宿泊があり、言葉が多く通じず、まるで私が外国に行ったみたいになり・・・、早い就寝となったこともありました。今度の土曜日8月8日は厚木市の花火大会で、天気が良ければ大山方面に華が開きます。

(山の主 あきお)

  

2009年7月27日

出張のついでに登って来た山口県の方や、連休ならではの出雲市や倉敷市といった遠方からの方、土日を中心とした若者グループの方々に来ていただき消灯まで語りあい、楽しい時をすごしています。
ここのところ、ずっと悪天候が続いています。ときおり晴れて、夜景や富士山の山小屋の明かりが綺麗に見えることもありますが、日食も残念ながら見ることができず、風が吹き草木がたなびき、視界も悪い状況です。梅雨明け宣言とともに少し晴れたのですが、すぐに2回目の梅雨になったかと思わせるような雨と霧に戻り憂鬱な日になってしまいました。ただ、昨日の朝は久しぶりに晴れ、気持ちのいい景色を眺めることができました。

(山の主 あきお)

  

2009年7月8日

我家の尊仏山荘に向って登る天神尾根は、暑くて汗だくだくです。さすがにこの時期の丹沢は厳しいものがあります。
京都からの方が水無本谷を遡行されてきました。沢登り人口が減ってるなか、大変嬉しい事です。また、高校の同級生二人連れや、明かりが無くて歩けなくなり、私が木ノ又大日まで迎えに行ったことがある夫婦が泊まってくださいました。
霧がはれ、雲海に富士山が浮かびました。

(山の主 あきお)

  

2009年7月1日

谷川岳に登りました。今、下山し水上駅です。あたりまえのように雨具のお世話になり、汗だくだくの山行も毎年の繰り返しです。まるで全ての体液を入れ替えているようです。また来年も、何処かの山で大汗をかいているだろう・・・。

(山の主 あきお)

  

2009年6月30日

雨が降り続いていますが、夏山訓練の学生さんやカメラマンの方が濡れながら頑張って登ってきてくれます。25日には金冷やし付近で年配のお父さんが心臓疾患で倒れましたが、幸いに命に別条はなく、警察の救助隊により下山することができました。
この時期の花はヤブデマリ、ウツギ、カマツカ、ヤマボウシ、ツルアジサイ、等が目立ちます。
来週あたり、気晴らしに谷川岳に遊びに行こうと思っていますが、天気が悪そう・・・。まぁ、いつものことですが、たまには晴れ山行もしたいものです。
素晴らしい日の入りが24日にありました。

(山の主 あきお)

  

2009年6月16日

週末の日中は、若い人が多く登って来ました。ここ1〜2年で若い人が増えた様で大変嬉しいです。山の良さとかマナーとか、いろいろと身につけていってほしいものです。
昨夜は青森から百名山めぐりのお父さんたちが泊まりにきてくださいました。今日は大菩薩に行き、明後日金峰山に登るそうです・・・。タフですね。

(山の主 あきお)

  

2009年6月12日

ここのところ1ヶ月くらい、週末が雨です。泊まりも無く従業員もいない山荘に私一人だけというのは幸せの一場面であることは間違いないのですが、そう毎日続かない事も祈っています。ま、飲み過ぎないよう気をつけます。

先週は恒例のボッカ駅伝がありました。チャンピオンの畠山氏も毎年参加しますが、なかなかトップになれないそうです。上には上がいるもんですね。

梅雨になりましたが、晴れ間には雲海がよく出たりブロッケン現象が現れたりしますので楽しみです。夏山へのトレーニングでしょうか、雨が降らないときは登って来られる方が多いです。昨年は山ボウシの花が素晴らしかったのですが、今年はどうでしょうか。

(山の主 あきお)

  

2009年5月25日

今朝は気温が7℃まで下がりました。山荘の外壁改修は無事に終りました。

(山の主 あきお)

  

2009年5月21日

塔の岳の北面のシロヤシオが満開です。ミツバツツジはあと4〜5日後が見頃かもしれません。どちらも当たり年とはいえない様子ですが、綺麗です。

(山の主 あきお)

  

2009年5月19日

塔の岳北面のシロヤシオが咲き始めました。見頃は後2、3日後ぐらいだと思います。皆さん是非見にきてください。また、大倉尾根金冷し付近のトウゴクミツバツツジも開花していますが、良い時期はあと1週間ぐらいではないかなと思います。
山小屋の外壁工事はやっと終わりそうです。大工さんたちのお陰で大変綺麗になり、感謝しています。

(山の主 あきお)

  

富士山の雪もだんだん少なくなっているのを感じます。尊仏山荘は外壁工事が終わりに近づき、職人さんが後片付けにおわれていました。コーヒーを飲んだ帰りに、新しく出来た尊仏小屋の看板を撮りました。

(大倉の番人 はたしぶ)

  

2009年5月10日

久しぶりに朝から快晴です。気温は10℃で暖かい朝となり気持ちも良く、マメザクラやオオカメノキなどの花も咲き歩いていて、とても楽しいです。

(山の主 あきお)

  

2009年5月8日

今年のゴールデンウィークは事故もなくお天気も概ね良くて、たくさんの人が登って来られました。特に若い人が多く、嬉しくおもいます。山頂付近はマメサクラが満開で綺麗です。これからは山つつじが咲くのも楽しみです。
ここ4日間は雨が降り続いて気温も低くなり少し肌寒い感じでした。梅雨でもないのにこの時期としては珍しい事で、山荘の外壁工事もなかなか進みません。
昨晩はどしゃぶりの中、茨城からグループが泊まりに来てくれて有り難いと思います。
いま、やっと雨が上がりました。雨で洗い流されたのか、新緑が一段ときれいです。丹沢はこれから1ケ月が一番いい季節なので皆さん登って来てください。

(山の主 あきお)

   

2009年4月22日

雨あがり、澄んだ空気の中に富士山をくっきり望み、新緑のトンネルをくぐりながら歩く最高の大倉尾根ですが・・・こんなときに限ってカメラを忘れました。残念。山小屋は外壁張りが少し進んでいます。
新緑は堀山の下部までが盛りです。山頂付近は芽吹きの頃です。

今年の夏山相談会は5月31日、6月1日、6月2日の3日間になります。場所は上野松坂屋で変更ありません。ぜひお立ち寄りください。人恋しそうな花立さんに会えるかと思われます。また、年度進行では山つつじがきれいになりそうとのことですが、さてどうでしょう。

(HP管理人 いし)

  

2009年4月15日

今年の春1番の大風でベランダが飛んでしまったのですが、修復工事が始まっています。宿泊も休憩も通常どおり営業しますのでよろしくお願いします。至る所が予想外にいたんでおり、大工さんには苦労をかけています。

(山の主 あきお)

  

工事中の山小屋ですが、ベランダは撤去して、外壁をサイディング仕上げにするそうです。(パネルのようなタイルのような・・・固めの外壁材で覆います)今日の大倉尾根は下界の天気予報に反して霧の中。春の丹沢らしい様相でした。小屋はのんびりとした時間が流れ、下り道ではチャンピオンとすれ違いました。いつもの格好ではないな?と確認しましたら、カッターシャツは暑いので荷物にくくりつけたとのことです。

(HP管理人 いし)

  

2009年4月1日

登山道の雪は殆ど消えましたが所々凍結しているところがあるので注意してください。朝方、粉雪が降り白くなりましたが、すぐ融けはじめましたので、今年も雪が降っては融けを繰り返しながら春本番を迎えるのだろうなと思っていたら、午後には横殴りのみぞれが降り始めました。気温がちょうど0℃です。今日は天気予報が悪いせいか、登って来られた方は6人でした。

(山の主 あきお)

  

2009年3月29日

鹿児島に行っている間に山では10cmの雪が降りました。これが最後の雪かな?やっと帰ってまいりましたが、やはり落ち着きます。雪は残り、今朝の気温が−6.7℃。桜が満開の鹿児島と比べ様もなく寒く、体がついてきません。でも、山の中で気分は上々です。

(山の主 あきお)

  

2009年3月10日

3日から4日にかけて15cmの積雪になりましたが、その後の雨ですっかり融けました。ところが9日の雨が未明に雪となり、現在は5cmの積雪です。せっかくの雪景色が無くなるのは誠にざんねんですが、春が近いみたいです。
宿泊はオジサン2人だったり15時間眠り続けた外国人さんだったりと少ないながらも印象に残る方々でした。

(山の主 あきお)

2009年3月2日

今朝は気温−7℃で快晴。おとといから雨氷(うひょう)が着きぱなしで樹木の枝が枝下桜みたいになっています。朝日が枝にあたりキラキラと光り輝きとってもきれいでした。日中も快晴でしたが雨氷は残りました。日帰りの方は多く登って来られましたが、泊まりの方はいらっしゃいません。のんびりと富士山を眺めながら一杯やろうかなと思っているところ、日の入りの雨氷もきれいでした。良い展望や条件のときは・・・宿泊者がいない場合が多いです。今日は一人じめでスミマセン。

(山の主 あきお)

雨氷とは、冷えきった雨が地上の物に触れた瞬間に凍結して、透明の氷になったもので、冬でも気象条件がそろわないと出現しない珍しい現象です。

(HP管理人 いし)

  

2009年2月27日

今朝から粉雪が降り始めました。また雨にならない事を祈るばかりです。

(山の主 あきお)

  

2009年2月23日

昨晩の20時頃、富士山の右下あたりの普段は見られない場所に明かりが見えました。山中湖畔の明るさの何十倍もあったので不思議に思っていたら、ニュースで北富士演習場の枯草が燃えたとのことでした。

(山の主 あきお)

ニュースを確認しましたら、夜通し234ヘクタールが焼けたとのこと。演習場が地元住民らに開放されて、カヤ刈りなどをしたあとの出来事だったそうです。

(HP管理人 いし)

  

2009年2月21日

19日夜から粉雪が降り始め約5cm積もりましたが朝には気温があがり雨になりました。風も強く横殴りでした。
今年は南岸低気圧が陸地近くを通過するので寒気が入らないため大雪にならず・・・、このまま春を迎えてしまうのでしょうか?今年の雪の少なさは、私の経験の中では今までにないことです。
画像は先週の朝の様子です。

(山の主 あきお)

  

2009年2月9日

今朝の気温−4℃で曇り。昨日の日の入りは綺麗にみえました。2月23日のダイヤモンド富士も、この様に見えればいいのですが。

(山の主 あきお)

  

2009年2月2日

今朝の気温は−4.7℃で高曇り、日の出は並みでした。金、土曜日の雨で雪は消え、まるで春さきの様相です。登山道工事の職人さんが泊まり込んでいます。

(山の主 あきお)

2009年2月1日

雨が降りましたが気温が高く、山でも雨だったようで、麓からは黒々とした稜線が望めます。まだまだ2月も始まったばかり。本格の積雪に期待したいところですね。

(HP管理人 いし)

  

2009年1月29日

大倉尾根線に雪はなくなっています。週末の天気がどう影響するのでしょうか・・・。ダイヤモンド富士は2月22日、23日とのこと。表尾根線で登山道の補修工事が行われていますが通行は可能です。

(HP管理人 いし)

2009年1月26日

お昼になっても気温がマイナスで日ざしもなく寒い日です。雪もほとんどなくなり淋しいです。いま、塔の岳の頂上で元気なのは鹿チャンだけです。厳冬期に雨は必要ない早く雪になれ。

(山の主 あきお)

  

2009年1月21日

昨年の垢を落として遅い正月とちょっとした休日を楽しもうと思っていましたが、微熱になりました。やはり山のほうがいいのかも。
18日は雨でした。雪も霧氷も期待していますがどうでしょうか。
平日は登山者も少なくのんびりさせていただいています。是非皆さん平日にも遊びに来て下さい。気温が下がると歩きずらいところがでるかもしれませんのでアイゼンをお忘れなく。

(山の主 あきお)

  

2009年1月13日

大倉尾根の花立から上部に雪があります。蛭ケ岳方面に縦走される方は必ずアイゼンを携行してください。昨日の日の入りはすばらしかったです。朝の気温−7℃。これから下山して昨年の垢を落としてきます。

(山の主 あきお)

今日の大倉尾根線は、駒止から花立までがぬかるみが凍った状態で、花立から上部が圧雪の状態でした。角が立派な鹿に見つめられつつ山頂にたどり着くと、いつもの江ノ島や富士山はもちろんのこと、ランドマークタワーや都庁、海ほたるまでも見えました。カメラを忘れたのがとっても残念でした。

(HP管理人 いし)

  

2009年1月9日

積雪が約20cm気温−1.8℃、粉雪が降り続いています。翌朝には更に積もっていればいいなと思っています。
明日からは晴天らしいので、雪目にならないためのサングラスと、足元のアイゼンは、携行してください。今回はサラサラとした雪です。この天気では誰も来ないので雪かきでもやります。

(山の主 あきお)

  

2009年1月1日

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
約100人の方が塔の岳の初日を見に来てくれました。今年はお天気に恵まれいい初日が見え、皆さん大満足していました。年越しの宿泊は約90人でした。

(山の主 あきお)

2008年までの尊仏便りはこちら


メインへ