2012年12月23日

21日の夜に雪になったものの22日は朝方が雨強く、夕方は富士山も見えた状況。今日は霧の中です。気温かー3度なので霧氷がつきそうです。

(山の主 あきお)

   

2012年12月17日

今朝、早くから雨が降り始めました。気温は3℃で寒さはあまり感じませんか霧が濃く視界は約20mです。画像は昨日の日の入りです。

(山の主 あきお)

   

2012年12月7日

昨日の朝は雪が約2cm積もりましたが午後の日差しでほとんど消え、夕方には快晴になり綺麗な夕焼けでした。今朝の気温は−5℃で快晴。これからは忘年会山行が始まる時期です。

(山の主 あきお)

 

木々は葉を落とし、山は冬の様相です。烏尾分岐から上部の一部にぬかるみがありますが、木道敷設の効果で足の汚れは減っています。
山荘は扉の交換と外トイレへの渡り廊下の設置がなされ、夜間の用足しが楽になりました。
最近の登山ブームにより大勢の方に利用いただいているなか、特に大晦日の宿泊については、ぜひ予約の電話をいただきたいとのことでした。
小屋のバス時刻表はA3の本仕様に。カバーのクリアホルダーも交換しました。

(HP管理人 いし)

 

  

2012年11月14日

玄倉林道を歩いてきました。新青崩隧道(素掘りの青崩隧道を改築)付近が紅葉の見ごろで、画像は隧道出口の上流側です。トンネルは途中で曲がっており真っ暗なのは変わりませんが、しっかりとしたつくりで見た目でも安心感があります。関係者の皆様に感謝です。  ユーシンから上部はほぼ落葉しており、塔ノ岳への尾根は落ち葉ふみでした。  山頂をぼ〜っと歩いていると声がかかり、目線を移すと野山を駆け抜けるのが趣味な職場の先輩がニコニコ立っておりました。平日ですがとてもにぎやかで驚くほどです。20〜30歳の世代が多いのは時代の流れなのでしょうか。小屋のバス時刻表を更新しました。まずは暫定でA4印刷で、準備が出来次第A3にします。

(HP管理人 いし)

  

2012年11月8日

常連さんが大勢いらっしゃる大倉尾根ですが、今日その一員でもある“くらじい”に会いました。自分の山好きを決定的にしてくださった大先輩。70歳を目の前にして飛び跳ねるような脚捌きには恐れ入ります。午前中に歩くと良く会う方々とのすれ違いが楽しいです。チャンピオンの大腿四頭筋にも圧倒されてきました。
現在の紅葉は中腹が主体で、麓はまだです。今月末にかけて見頃がどんどん変わっていくと思いますので、お見逃し無きよう。画像は尊仏ノ土平を見下ろしているところです。登山道の尾根が素晴らしい色を発しています。

(HP管理人 いし)

  

2012年11月2日

塔ノ岳登山ルートでの紅葉の見頃時期につき・・・ とお知らせをいただいていました(ご連絡ありがとうございます。)が、ようやく確認してまいりました。標高900mくらいまでおりてきているようです。台風や強い南風がなく、紅葉には良い条件がひさしぶりに揃っています。進みはゆっくりですので、11月下旬にかけて山全体が黄色に赤にと色をつけていくはずです。
この時期の日の入りは17時前と年間で一番早くなっています。大倉のふもと付近は植林で尾根の日陰側でもあり、暗くなるのが早いです。行程の工夫と懐中電灯などの準備を!
なお、本日16時に小屋の電話が復旧しました。既に宿泊予約をなさっている場合の再連絡は不要です。

(HP管理人 いし)

  

2012年9月27日

朝晩の気温が8℃くらいになり少し寒く感じます。台風の影響か、夕べから風がやや強くなって視界も良くありません。今日は登って来られる方も少ないでしょう。

(山の主 あきお)

  

2012年9月24日

ひと雨ひと雨気温が下がり、秋が近づいているようです。今朝の気温は11℃でした。富士山に雪はありません。

(山の主 あきお)

  

2012年9月19日

<朝焼けに 新雪染まる 富士の嶺(みね)> いつまでも暑い夏が続きます。 大汗かいて登頂すれば、今日もゲリラ的に通り雨が過ぎました。満点星に夜景に富士の山小屋の灯。 そして夜が明けますと、富士が玉虫色に輝き始めました。

(山絵師 いくと)

  

2012年9月12日

9月4日から5日で久しぶりに瑞垣山に行き、帰りに西湖近くの十二ヶ岳に登ってきました。今年はどこの山行にも出られないかなとあきらめていましたが、楽しい山で気分転換ができました。今朝、富士山をみたら頂き付近が白っぽくなっていました。今年の初冠雪が早くきたようです。朝晩はしのぎやすくなりましたが日中はまだまだ暑いので水分補給には注意して行動してください。昨日と本日の富士山の様子です。色の違いがわかるかと思います。

(山の主 あきお)

  

2012年8月30日

今朝も快晴。気温15℃。日の出25分前の画像です。

(山の主 あきお)

  

2012年8月28日

今日も快晴の朝を迎えました。朝焼けが抜群に美しく、写真家の石原さんと2人で久しぶりだねと喜びあいました。画像は4時54分の東側です。

(山の主 あきお)

  

2012年8月27日

仲良し兄弟です。毎年この時期に、家族で泊まりに来てくださっています。

中学生のグループが賑やかに泊まってくださった日もありましたが、夏休み最後の土日はさすがに子どもたちの姿はまばらになりました。朝の気温は15度前後です。まだまだ暑い日が続きますのでので体調管理に注意してください。丹沢に来られる際は最低でも2リットルの飲み水は用意してください。

画像は朝日の山頂と

夕暮れ時です。

(山の主 あきお)

  

2012年8月15日

今朝は涼しく気温16度。天気は良くなく霧で視界不良です。昨日の夕焼けは雲に赤が反射していました。

(山の主 あきお)

  

2012年8月2日

昨日の朝は霧でした。今日は富士山の左肩に月が綺麗に見えました。富士山から南アルプスまでの山並みが朝日に輝きだすと、とても気持ちが良いです。ホタルブクロやシモツケソウなどの花が咲いています。

(山の主 あきお)

  

2012年7月31日

快晴の朝を迎えました。富士山から南アルプスが朝日に輝いいます。昨晩はおばあちゃんとお孫さんが泊まり、とっても喜んでくれました。気温18℃。気持ちいい朝です。

(山の主 あきお)

  

2012年7月19日

暑い日が続きますが皆さん体調を崩さないようにしてくださいね。今朝は晴れ。19℃。微風。

(山の主 あきお)

  

2012年7月18日

梅雨明けが発表された昨日の朝は雲海に富士山が浮かび上がり美しい情景でした。気温19℃。無風。

(山の主 あきお)

  

2012年7月5日

西山林道が7月5日から7月31日までの平日、全面通行止めになっています。休日は歩きのみ開放されるとのことですが注意してください。二俣、鍋割山には、みくるべ側からの道をつかってください。
ヤビツ峠の富士見山荘が火事になり全焼したとのことです。ビックリしています。

今朝の気温は18℃で曇り。気温が高くなり蝦夷春蝉が鳴き始めました。鳴き声を聞くと夏が来た気がします。今年はまだどこの山に遊びに行こうか決まらないのですが、北アルプスのどこか余り混雑しない所を選ぼうと思っています。

(山の主 あきお)

<梅雨に入り 風とほる道 霧深し> 大倉尾根に取り付き、2時間余り続く樹林帯は、深い霧に包まれていました。梅雨の只中、湿度は高く、大汗もかきますが、ヒンヤリした空気が肌に心地良く感じます。尊仏山荘到着後、すぐさま水汲みに行きましたら、水がとうとうと湧き出していました。それにつけても山頂は、大勢の山人たちで一杯です。そんな人たちに混じって、高校山岳部の「ボッカ訓練」も今が佳境の様でした。頑張れ若人。

(山絵師 いくと)

  

2012年7月2日

今日の朝は小雨で気温も13℃とこの時期としてはちょっと低めでした。休日にはたくさんの若者たちが来てくれて賑やかです。スタンプラリーが人気で皆さん頑張っています。実施期間は来年3月末までです。

(山の主 あきお)

 チラシ表 チラシ裏

  

2012年6月21日

台風4号の風雨は強烈で、ひさしぶりに眠れない夜となりました。風に弱い所を補強したこともあり幸い小屋への被害は無く、ほっとしています。
梅雨入り登山者が減っておりちょっと淋しいですが、常連さんは来てくれるので退屈はしませんし、日頃出来ないことが徐々に片付いていくので、これも大切な時間です

(山の主 あきお)

  

2012年6月16日

梅雨の晴れ間に大倉尾根を歩いていきました。頂上には、空を青くさせ、葉を緑にさせ、すぐそこに夏がきていることを示しているような強い日差しが降り注いでいました。
この時期、雨上がりの登山道は、土も岩も木もすべてが滑りやすくなるのでご注意を。

(HP管理人 いし)

  

2012年6月9日

<新緑に 染まりて清(すが)し 心地かな> 私の記憶では「ゲリラ豪雨」と言う言葉を聞いたのは昨年が初めての様な気がします。そうしたゲリラに遭遇せぬ事を念じつつ、恐る々々大倉尾根を登りました。今年は、シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の開花はサッパリですが、トウゴクミツバツツジ赤や、バイケイソウの緑がそこかしこで、多くの山人の心を和ませていました。

(山絵師 いくと)

  

2012年6月6日

雨の朝を迎えました。気温は8℃で、すこし肌寒いです。ツツジの時期も終わりに近づき、そろそろ梅雨に入りそうですね。みなさん体調を崩さないでください。

(山の主 あきお)

  

2012年6月4日

爽やかな朝を迎えました。気温は8℃で快晴。富士山も綺麗に見えています。今年のシロヤシオはやはり咲きが悪く残念でした。トウゴクミツバツツジは並み咲きで、あと一週間位が見頃です。6月に入り梅雨が近づいてきました。

(山の主 あきお)

 

  

2012年5月25日

<雲間より 光輪まみゆ 五月かな> 「曇り」の天気予報をものともせず、塔ノ岳に登って来ました。金環日食当日は、山頂を完全にガスが覆い、直前には小雨まで降りだす始末。でもしかし、宿泊客約50名の願いが通じたか、天は我らに味方せり。月の影が左下に寄ってはおりますが、ぶ厚い雲間から時折『金環食』が、そのお姿を拝ませてくれました。(山絵師 いくと)

 

  

2012年5月22日

今日は寒く、朝は4℃で11時でも6℃しかありません。金環食にあわせて50人ほどの方に宿泊していただきましたが、残念ながら肝心の時間帯が全くだめでした。午前3時過ぎまでは夜景も綺麗に見えていたのに残念です。お休みを取って来られた方もいらしたと思いますが、厳しい結果でした。

(山の主 あきお)

  

2012年5月12日

<山笑ふ 鳥のさえずり 地のぬくみ>ヤビツ峠から表尾根を登りました。この時期の新緑は実に目に鮮やかで、ウグイスやシジュウカラ達が心地良さそうに鳴いていました。真夏の様な日射しを浴びながら、冷たいものが喉に優しい山歩きでした。

(山絵師 いくと)

  

2012年5月9日

今日は雷雨の予報がでていることもあってか常連さんもお休みになっているようで、とてもゆっくりしています。つい先日のゴールデンウィークの賑やかさが懐かしく思われるほどです。
そろそろツツジの時期です。シロヤシオは去年が当たり年でしたので、もしかしたら控えめかもしれませんが、トウゴクミツバツツジは毎年のように綺麗な花で楽しませてくれますので、ぜひ皆さん見に来てください。

(山の主 あきお)

  

2012年5月1日

ゴールデンウィークの前半は事故が立て続けてあり、死亡事故が1件、怪我の事故2件となっています。気候の変化がおおきいので、これから山に入る方々は十分注意して安全登山に心がけてください。

(山の主 あきお)

  

2012年4月29日

ゴールデンウィークです。初日から良い天気の朝を迎えて爽やかな気分です。が、気温が少し高く、登って来られる方は少し暑いかもしれません。

(山の主 あきお)

  

  

2012年4月24日

昨日は東丹沢の山開きでしたが残念な事にお天気が悪く、登山者も少なめでした。ゴールデンウィークの予約状況は、今のところ4月28日と5月3日に集中しています。また、5月21日の朝は日食(金環食)です。山頂で天体ショーに出会いませんか?

(山の主 あきお)

  

  

2012年4月15日

昨日の雨も上がり、今朝は雲海から朝日が登り綺麗でした。気温は1℃で3月のような気温でした。

(山の主 あきお)

  

2012年4月14日

春の嵐が去ると穏やかな朝になります。そして次の雨につながり春が深まっていきます。先日は、富山県から山の強者の大先輩が泊まりにこられました。

(山の主 あきお)

  

2012年4月11日

山はだいぶ春めいてきました。朝の気温もプラスになって身体も楽。朝起きるのも苦にならなくなりました。朝から南西の風が強く、花散らしどころか小屋が飛ぶぐらいの強風です。気温は3度、風速25m/S以上です。小屋も登山者も無事でありますように。

(山の主 あきお)

<春うらら 妻の差し出す 梅むすび> 7日から1泊しました。天気は、午前中が快晴で午後が粉雪。久し振りに、ヤビツ峠から表尾根を歩きました。三ノ塔でおやつ休憩をしますと、三ノ塔〜烏尾〜行者〜書策(かいさく)〜新大日〜木ノ又〜塔ノ岳までの表尾根が一望出来、雄大な富士山が目前でした。巷では桜花爛漫たるポカポカ陽気。一方、塔ノ岳山頂は明け方4時30分の気温が−4℃で積雪1cmでした。

(山絵師 いくと)

サイト開設10年ということで、体裁を大幅に変更しました。スマートホンや横長パソコンでの閲覧に煩わしさが無いようにというのが主眼です。秋までに小屋紹介や登山道解説などの内容も見直しを図っていこうと考えています。

(HP管理人 いし)

  

2012年3月2日

新雪に日が射し込み富士山や南アルプスが光り輝きましたが、いま小雨が降り始めました。せっかくの雪も融けてしまいそうです。 春が近づいている証拠で雪や雨を繰り返して少しづつ暖かな季節がやってきています。

(山の主 あきお)

 

  

2012年2月29日

未明から雪になりました。15時現在、まだ粉雪が降り続いていますが、雲が薄くなってきましたのでそろそろ止みそうです。積雪は約40cmです。

(山の主 あきお)

  

2012年2月17日

昨晩の雪はたいしたことも無かったのですが、霧氷が3cmぐらい成長して木々を美しく飾っています。

(山の主 あきお)

  

2012年2月15日

雪にはなりませんでしたが、雲海と霧氷が綺麗で、大山の右方から朝日が昇ってきました。久しぶりに三拍子そろいの最高な朝を堪能しましたが、宿泊の方はおらずに私一人。前日は10人のグループに雨にもかかわらず泊まっていただき、とても賑やかな夜だっただけに、なんとももったいないなと感じました。

(山の主 あきお)

  

2012年2月13日

山荘で、NTTdocomoのFOMA(プラスエリア対応)の携帯電話の通話や通信が不自由なく可能になっていました。表丹沢全域で環境改善の取り組みをしたとのことで、ドコモの担当者さんが各山小屋に紹介のパンフレットを配って歩いたそうです。花立さんの携帯電話もmovaからFOMAに、そろそろ変わるとのことで、これならちゃんと更新用のメールが届くと安心できました。

(HP管理人 いし)

  

2012年2月13日

今朝の気温は−5℃で霧。可愛い霧氷がついています。今月の23日は塔の岳のダイヤモンド富士です。晴ればいいですね。今晩から雪になりそうで楽しみにしているところです。

(山の主 あきお)

  

11日に一泊で主脈方面を歩きました。(大倉→東野)
積雪は、金冷やし〜塔の岳〜八丁坂ノ頭の下部にほぼ連続して残っていました。一部の南斜面に3m程度土や木道が露出しているところはあります。八丁坂ノ頭からの下部では、森林整備用のモノレールをくぐるあたりで雪はほぼなくなっていましたが、その下に北側斜面となる部分があり、そこには雪が残っていました。たまたま気温が低く、雪がしまっており快適に歩けました。
天気予報ではこれから降水が予想されています。また気温によって雪の状態は刻々と変化します。おおまかな予測を伝えることはできますので、道の状態を確認したい場合は山小屋に電話を入れてください。
11日の山頂は、明け方には快晴となり、

寒いながらも

壮大な景色を眺めることができました。

宿泊は感動倍増です。

(HP管理人 いし)

  

2012年1月26日

積雪は約50cmで、吹き溜まりは深い所で腰ぐらいまであります。久しぶりに良い雪で楽しめそうです。

(山の主 あきお)

  

麓から見る丹沢は、ひさしぶりの真っ白です。凍結とぬかるみに注意してください。
場所は離れますが、大山ケーブルカーが車両の修理のために運転を止めています。2月上旬の復旧を目指しているそうですが、最新の情報を確認をしてください。→2月2日から運転再開です。
また、秦野からヤビツ峠までのバスは、積雪や凍結を理由に蓑毛止まりになることが多くなります。ご注意ください。
今年もよろしくお願いします。

(HP管理人 いし)

  

2012年1月18日

この時期の平日は日帰りも宿泊も少なく、のんびりとしています。富士山の雪も少ないのですが、丹沢は雪が全く無く、ちょっと淋しいです。

(山の主 あきお)

  

2012年1月5日

あけましておめでとうございます。昨年も多くの方に尊仏山荘をご利用いただきました。ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。初日の出は残念ながら絶景の中からとはいきませんでしたが、良い年になるよう願いました。富士山も正月の雰囲気です。

(山の主 あきお)

  

2011年の尊仏便りはこちら


メインへ