ホーム

(気ままに加筆中 2005.10〜)

 防音室を作る といっても、自分で作ったわけではなくて、工事をお願いしたのですが、防音室の設置をお考えになっている方のために公開しておきます。

数ある防音技術

 防音については、世の中には、防音効果があると称して販売されている商品や対策などが数多くあります。しかし、これらの中には、人間が感知できないほどのわずかな防音効果しか持たないものが数多くあります。また、使い方や音の性質によっては、音を伝搬したり反射するなどして、音が大きくなってしまうものすらあります。
 どのような音をどのくらい遮断したいかが決まれば、それに対応できる製品や技術は自ずと限られてきます。その見分けや判断を誤らないことが防音の秘訣だと考えます。
音とは、空気の振動です。空気の振動は、壁などを振動させ外部にも伝搬します。空気の振動を消すには、拡散するだけの距離を置くか、干渉させて打ち消すか、あるいは空気の流れそのものを遮断する必要があります。干渉させて音を打ち消す方法は、エンジンのマフラーなどがありますが、これを楽器のような幅広い音域で実施することは原理的に不可能です。そうなると、空気を遮断するしかありません。結果的に、防音室は空気を密閉する構造になっています。また、壁などの振動を抑えるためには、壁そのものが振動しないように厚く重い材質を使うことが原則です。軽くて振動しやすいものでは振動を遮断できません。グラスウールなどの素材は、高音域に防音効果が期待できますが、中低音は全く効果がありません。これらの事を考慮すると、重い建材を扱い、密閉された空間を作ることが必要であり、素人工作ではうまくいかないだろうと予想されました。

防音室を作る理由 → グランドピアノを入れるため

 住宅地でグランドピアノを入れようとすれば、近所への音の漏れを考えると、防音室にするか、ピアノをサイレント機能付きにするかという選択になります。サイレント機能は、防音室に比較し安価ですが、楽器の音色を楽しむ、楽器の練習という点からは、機能的には不満足です。そこで、グランドピアノの導入に際して、防音室も一緒に作ることにしました。

グランドピアノの選択

 餓鬼どもは、どこで聞きかじってきたのか、ヤマハじゃなきゃいやだと抜かしやがる。 小さなモデルは音の感じでアップライトとの差が小さく、ヤマハといえど音が悪い。だからといって、部屋の大きさと予算からモデルが限られる。最終的に、C2、C3 と迷いましたが、一つ上の C4 と同じハンマーアクションと、象牙に近いキートップを持つ C3 にしました。

防音室の方針

 夜10時までは弾けるような防音としたい。防音室はピアノよりも高価であり、やり直しが難しいので、原理的に遮音が確保できる方式を採用すべきと考え、壁に防音材を貼るのではなく、部屋の中にもう一つ部屋を作る方式を選択しました。
 結果的に、予算と性能保証の点から、ヤマハ アビテックス Dr-35 Basic 音場フリータイプを購入することにしました。防音室を入れる部屋は 6畳ですが、なるべく部屋を広く使いたいために、フリータイプにして部屋いっぱいに防音室を作りました。
 Basic 音場は、その上のグレードに比べ、音の吸音が劣ります。このライブな特性は、中に本棚を配置し、本を入れることでデッドな環境に近づけるようにしました。本による吸音は、防音室を作る部屋は、もともと書庫 兼 望遠鏡置き場として使っており、本をこの部屋に戻す必要があるという事情、吸音板の予算をケチるという 2 つの意味があります。

遮音性能について

ちなみに、Dr35 の 35 とは、35dB (デシベル)の遮音性能があるという意味です。10dB で音が 1/10、20dB で 1/100、35dB では、約 1/3000 となります。この数値は、非常に小さくなるように思えるかもしれませんが、そうでもないのです。人間の耳で聞くことができる音の大きさの幅(ダイナミックレンジ)は、1000万倍以上あります。床に針を落とす音から、耳が痛くなるジェット機の騒音まで非常に幅広いのです。
 ここでいう音の大きさとは測定器で測定した音の大きさです。ややこしいのは、音の大きさと人間の体感する音の大きさに、大きな違いがあることです。人間にとって、音の大きさが 1/3000 になっても、体感的には、デシベル値、すなわち、35dB の減衰なら、1/35 になったようにしか感じません。
 ところで、ピアノのフォルティシモの音圧レベルは、90db です。この音圧レベルの dB は絶対値です。上記の遮音性能の dB は、何分の一という相対比です。単位が同じなのに示すものが違いますので、これもややこしいです。90dB の音圧レベルは、35dB の遮音性能を持つ防音室外では、55dB に低下します。55dB の音圧レベルは、ピアノのピアニシモより少し大きく、普通の会話程度の大きさですので、この防音室を設置したからといって、住宅地で真夜中にピアノが弾けることにはなりません。ただし、防音室以外に家屋の壁、隣家との距離、そして隣家の壁でも音が減衰しますので、夜は何時まで弾けるかはケースバイケースです。

基礎工事

 防音室、グランドピアノ、本棚で 2t 近い重量になることが予想されました。部屋の中に大型の乗用車を 1 台置くような重量です。多少、床の強度に不安があります。そこで、床を張り替えることにしました。床を全て取り払い、根太を補強し 27mm構造用合板を張りました。通常なら、さらに床材をはりますが、防音室を上に載せますので、構造用合板のままとしました。下の画像は、床の張り替え後の画像です。床は構造用合板そのもののです。防音室と敷居の高さを同しにするために床面を 3cm 下げました。今まで使っていたアップライトピアノが置いてあります。
 この状態でアップライトを弾くと、音がものすごく響きます。床は重要なんだと、思い知らされます。

Img_2144s.jpg (77682 バイト)

防音室本体工事

 打ち合わせや設計に時間がかかりましたが、最初の打ち合わせから約2ヶ月後に工事が始まりました。これは、1日目の作業終了時の様子です。部屋の中に作る部屋の外壁部分は、天井も含め1日目で終了しています。

Img_2151s.jpg (161854 バイト)

 下の画像は、防音室の床と壁の工事の様子です。中央の防音室の壁は、左側の家屋の壁から離れて設置されています。また、床も、防音材の上に設置しているので、家屋の床である構造用合板から浮いています。完成時には、この隙間及び木口などはきれいに化粧板が張られて見えなくなります。また、これだけ、隙間があいていますので、部屋は一回り小さくなります。

Img_2153s.jpg (104479 バイト)

 2日目には内壁が張られ、3日目には、照明などの電気器具及びサッシ類、4日目は細かい部分と清掃という日程で完成しました。照明は、この部屋にあった既存の器具を使うことにして、予算を少し浮かせました。ドアが2つありますが、左側のドアはピアノを搬入する目的だけのためのドアで、搬入後は開かずの扉とします。そうでもしないと、大量の本が整理できないのです。

Img_2171s.jpg (153811 バイト)

下の画像は、窓側のサッシです。上から、雨戸、家屋のサッシ(何れも閉じている)、防音室側の2重サッシ(開いている)です。窓を開けるのが億劫になります。

Img_2176s.jpg (68000 バイト)

 下の画像は、納戸を使うためのサッシです。遮音のため2重となっています。実は、残響においてこの大きなガラス板は大変厄介な存在です。その後、表面に断熱シートを張る、厚いカーテンを掛けるなど、ダンピングに苦労しています。

Img_2172s.jpg (106986 バイト)

エアコン取り付けとグランドピアノ搬入

 5日目の午前中にエアコン取り付けが行われました。エアコンの配管は、防音室壁、家屋の壁と2重の壁を貫通する必要があるために、専門の業者に依頼しました。午後にグランドピアノが搬入されました。ヤマハの C3 です。この時点では輸送で狂いが生じ、調律が完全ではありません。各弦でうなりが発生し、また音階も狂っていますので、変な感じでした。しかしながら、アップライトとは一線を画す、音の豊かさは伝わってきます。特に低音の響きは全く別の楽器と思わせるほどの迫力です。

 部屋の大きさは、ピアノの周囲を人が通れる程度の隙間(30〜50cm)しかありません。6 畳でこの程度ですから、それ以下の大きさの部屋では、人の移動が難しいでしょう。

Img_2182s.jpg (92148 バイト)

調律

 調律により、音がよみがえりました。グランドピアノは、天板を開けるとまた格段に音が良くなります。せっかくの防音室なのですから、天板は開けて楽しみたい。

遮音性能

 ピアノの天板を開けた状態で、チェックしてみました。

 防音室の壁のみの廊下側では、曲目がわかる程度の音の漏れがあります。

 居間との間は、防音室の壁、引き戸(防音室壁と本棚に挟まれて事実上の開かずの戸)、30cmの本棚で仕切られています。居間では、壁を通しての音は洩れていそうにありません。しかし、居間と防音室の間には、ロスナイ換気扇が通っており、これを通して音が若干洩れます。軽い BGM 程度。テレビを付けていたら、あまり気にならない程度です。

 家屋の外では、ピアノの音は聞こえますが、秋は虫の音の方が大きいです。曲目はわからないです。また、150m 離れた道路を通る車の音の方が大きいです。おそらく、隣家の屋内では聞こえないと思います。

困ったこと

 防音室の中にいると、玄関のインターホンや電話の音が聞こえない。電話は、ワイヤレスの子機を持ち込むこととして、インターホンはどうするか思案中。

デッドな音場への努力

 サッシのガラス面で反射音がひどいので断熱シートを張りました。いくらか改善されましたが、厚いカーテンなどさらなる対策が必要です。本棚の持ち込みは、部屋が狭いので、75cm 幅、30cm 幅が各1個となっています。どうするか思案中。

 下の画像は、75cm幅の本棚(左)と断熱シートを貼り付けたサッシの状況です。広角レンズを使ったので距離感がつかみにくいですが、ドアはサッシの所までフルオープンします。また、左側の壁とピアノの間は50cmの間隔です。本棚とピアノの間も30cm以上の間隔があり、ピアノの周囲は普通の体格の人であれば通り抜けることが可能です。

Img_2185s.jpg (71044 バイト)

費用

 これだけの金額があれば、群馬の山奥に 100 坪の土地を買い、天文観測ドームと掘っ建て小屋を立てて、週末にこもることもできたのに、、、、、指さして、親バカとののしってやって下さい。

デッドな音場2(2005年11月)

 本棚3つを持ち込み、さらにサッシの前には厚いカーテンをつり下げるなどしました。これで、不快な反響音をほぼ抑えることが出来ているように思います。

湿気対策(2006年1月)

 乾燥しがちな冬でも、窓の結露に代表されるように、気温が低下すると湿度が 70% を超えることがあります。梅雨の時期はさらに深刻でしょう。ピアノは、湿気が大敵です。実は、上で紹介したアップライトピアノも湿気のため一部の鍵盤の動きが渋くなったりしました。カビ、錆の発生も心配です。そんなわけで、除湿器を入れました。結果的に、購入したのは、東芝の RAD-63DRX という除湿能力 5.6L/day のコンプレッサー方式の製品です。 参考までに除湿器の選定理由を列挙しておきます。

1. 除湿器の方式
  現在市販されている除湿器には、コンプレッサー方式、デシカント方式(ゼオライト方式)の2種類があります。さらに高価で大きいですが、両方を合わせたハイブリッド式の除湿器もあります。
 コンプレッサー方式は、エアコンの除湿と同じ方式で除湿します。気温が下がると処理能力が低下するのと、エアコンのコンプレッサーのようなあるいは冷蔵庫が作動しているような振動音が欠点です。しかし、消費電力が小さく、室温上昇も少ない利点があります。
 デシカント方式は、吸湿材に湿気を吸わせて、その吸湿材を加熱することにより湿気を放出させ再生して、再び湿気を吸わせるという繰り返しを連続的に行う方式です。低温でも効率の低下が少なく、一般に静かといわれています。欠点は、ヒーターなど加熱機構があるため、消費電力が大きいこと室温上昇が大きいことが欠点です。
 
 防音室は外部との空気の出入りが少ないため、室温の上昇は特に夏場には問題になるだろうし、関東地方では夏のほうが湿度が高いので、夏に合わせた選択をすべきだろうと考え、コンプレッサー方式を選択しました。騒音については、カタログの数値を見比べた限りではデシカント方式のほうが確かに静かですが、気になるのであれば室内にいる間は停止させればよいという判断です。ちなみにカタログを調べた限りで一番小さい値は、松下のデシカント方式の F-YZA100 という製品で、弱運転で 26dB、ちなみに購入した東芝の RAD-63DRX は、31dBです。
 消費電力については、デシカント方式は、小型エアコンの半分ぐらいの 400〜500W の製品が多いですが、連続運転ではエアコンよりも多くなってしまうでしょう。コンプレッサー方式の消費電力は、デシカント方式の約半分です。

2. 除湿能力
 密閉された部屋ですので、さほど大きな除湿能力は不要であるとの判断から、小型の機種を選びました。

3. 電気料金
 エコメーターによる計測では、60% 以下の湿度を維持するのに、1月の実績で約 1,000 円/月になりました。梅雨時ですと、湿度が増えるのはコストアップ要因ですが、逆に温度が上がると除湿器の効率も上がりますので、これはコストダウン要因です。いずれにしても、湿気対策はかなりのコストがかかります。

再び調律(2006年2月)

 新品のピアノは、音が狂いやすいです。また、弾き込むにつれて、徐々に音が出てくるようになりますので、整音も必要になります。調律師さんには、半年後と言われておりましたが、音程の狂いというか、弦のうなりが気になり始めたので、少し早めに調律していただきました。調律後、心なしか音に力強さが出てきたように思います。

経過報告(2011年10月)

1. 防音室内との連絡
 玄関のドアホンが壊れた際に、ワイヤレス子機付の機種に買い替えました。そのワイヤレス子機を防音室内に設置し、来客にも対応できるようにしています。

2. 電話
 同様にファックス付電話が壊れた際に、ワイヤレス子機2台の付いている機種に買い替え、そのうちの一台を防音室内に設置しています。

3. 湿気対策
 上記のコンプレッサー式除湿器は、洗濯物の乾燥などで防音室外に移動するなどしたこともあり、結果的に5年目に壊れました。熱交換機の冷媒が抜けてしまった状態です。冷媒を再充填する事も考えられますが、エアコンと異なり再充填可能な構造にはなっていないと思われ、買い替えることにしました。
 建材内の湿度が低下したからか、防音室内の湿度は、数年で徐々に湿度が下がってきました。この状態では、湿度が上がる原因は、中にいる人間ということになります。こうなると、除湿器に求められる性能は低くても良くなります。それで、TU-400 という小型のペルチェ式の除湿器を使ってみることにしました。価格は、1/5〜1/10 の数千円、消費電力は約 1/10 です。原理的にコンプレッサー式よりもペルチェのほうが、効率が低いので消費電力あたりの除湿能力は低いことが予想されます。ペルチェの熱交換効率は、コンプレッサー式(ヒートポンプ式)の 1/2〜1/4 です。除湿能力が熱交換効率に比例するとすれば、除湿能力は 1/20〜1/40 ということになります。しかしながら、騒音はファンのみであり、小型軽量なので、常時使用ではメリットがあります。
 使ってみると性能は充分でした。湿気の多い時期では、数日でタンクが水で満杯になります。湿度を維持するための稼働時間は 10 倍に増えましたが、運転中も静かですので、時間が長くなっても支障ありません。安価であるためかタイマーも付いていないので、別途コンセント式のタイマーを取り付けました。
 但し、この除湿器は、洗濯物の乾燥には全く使えません。能力が 1/10 以下ですので、もし、コンプレッサー式で 2 時間で乾くとしたら、20 時間以上ということになり、普通の感覚では、「洗濯物が乾かせない除湿器」です。実際に、洗濯物で試しましたが、除湿器を使って乾燥時間が短くなった実感はありませんでした。
 ペルチェの冷却能力から考えて、この製品で湿度を 40% 以下にすることは無理でしょう。ですから、防湿庫にも使えません。まさに、防音室を除湿するため(だけ)の製品といえるかもしれません。

Copyright (C) 2013 ssato. All Rights Reserved 2013/06/09